おまとめローンを利用出来るのは、銀行はもちろんですが消費者金融でも可能です。総量規制の影響を受ける消費者金融で、高額融資が必要なおまとめローンが利用出来るのは不思議に感じるかもしれませんが、実はおまとめローンには「利用者にとって一方的な利益しかない場合には総量規制の対象とならない」という決まりがあります。おまとめローンだからこのような特権があると言う訳では無く、この特権を生かして利用出来るカードローンがおまとめローンとして紹介されているだけです。

とは言え、全てのおまとめローンが利用価値があると言う訳では無く、必ず「現状よりも環境が良くなるもの」を選択することが大切です。例えば、まとめる前の段階で平均金利が15%の状態で18%金利のローンでまとめてしまったのでは、実質的な損になってしまいます。

「金利の高い借り入れをより低いカードローンでまとめる」と言うことが出来て初めてメリットが生まれてくるので、申し込みの前にしっかりと計算してその価値があるのかどうかを把握しておくようにしましょう。

基本的には銀行系の方が金利設定が低いことが多いのですが、借入れ可能額(上限金額)が高くなるほど設定金利も下がっていくので、必ずしも銀行の方が有利になるとは限りません。実際に利用した時にどの程度の金利で契約できるのかということを基準に比較していき、確実に金利が下がるものだけに申し込むようにし、より大きなメリットが受けられるようにしていきましょう。