ワキガは生まれ持った体質です。アポクリン汗腺の量が多ければ多いほどワキガ体質となります。そしてそれは遺伝によるものが多く、片親がワキガだと50%、両親ともだと80%の確率でワキガとなります。そして、それは赤ちゃんや小さな子どもの頃に発症することなく、思春期に入りホルモンバランスの崩れが起きるとアポクリン汗腺が活発化して、皮膚の細菌などと混じることでワキガ特有の臭いを発生させるのです。
アポクリン汗腺はわきの下だけではなく、陰部などにも密集しています。そして陰部からも独特の臭いを出すことになり、これをスソワキガと言います。ワキガの臭いは鼻に近い分自分で自覚することができますが、スソワキガに気づくのは臭いだけではなかなか難しいものです。ワキガのメカニズムを知っていることで、ワキガだとスソワキガになるという知識の元、意識的に陰部の臭いを嗅いで気づくこともあります。また、親がワキガの場合その自覚から、子どもにスソワキガの可能性を示唆して、気づくこともあります。また、恋人とのセックスで相手に指摘されて気づくこともあります。スソワキガは自分の中では恥ずかしい思いを持つ方が多いです。そのため、対策をすることが良いです。陰部は蒸れる部分でもあり、尿や生理、おりものが排出される部分でもあり、更に臭いが濃くなります。それを防ぐには、清潔にすること、毎日お風呂でしっかりと洗い流すことや汗をかいたあとにはウェットティッシュなどでふき取る、デートの前にはシャワーを浴びる、そしてスソワキガ専用の消臭効果の高いクリームで臭いや細菌の繁殖を抑えるなどが有効です。
すそわきがクリーム人気ランキング│今アツイ!わきが対策とは?はこちら